企業の「笑い」への取り組み

スポンサードリンク

社員のストレスを解消して、仕事をスムーズにすすめていくための、コミュニケーションツールとして、 笑いやユーモアが、職場の中に取り入れられるようになってきています。 実績至上主義の職場では、ストレスからうつ病や精神疾患を抱える人が増えています。 また、笑顔もない職場では、楽しみも仕事の達成感もなく、特に若い人は、、つまらないと感じる職場には長続きしません。

派遣社員を多く抱える企業では、せっかく仕事を覚えても、すぐやめてしまわれるのが、悩みの種でしたが、ある企業が笑いを職場に取り入れたところ、やめる社員が激減したという報告がなされています。  その取り組みとは、たとえば、社員が実績をあげたところで、お祝いをする。それは、それほど大きくないところに目安を置き(みんなが到達しやすい目標)、達成したところに、ちょっとユーモラスなプレゼントをする。みんなで微笑まれるところにリラックス感が生まれる。 また、七夕、クリスマスなど、季節の行事ごとに、ちょっとしたパフォーマンスをして、楽しみながら仕事ができる環境を作るといった努力を社長自らが率先して実行したところ、職場に笑いが生じ、結局仕事の実績もあがり、社員の定着率がよくなったそうです。  また、他の企業では、いかに笑いを環境に取り入れるかを研究するチームを作り、実際に寄席に出かけたり、落語家に取材したりと、社員の仕事の環境の改善に取り組んでいるそうです。  健全な精神があってこそ、仕事の能率もあがるというわけで、いかにストレスを減らして、仕事にとりくめるか、ただただ叱咤激励の日本社会からやっと抜け出し、心にゆとりを持って仕事ができる環境こそが、本来の人間の幸せなのではないでしょうか。
 急がば回れといいますが、社員の福利厚生を手厚くしてこそ、仕事の実績につながると思われます。











▲ このページのトップへ

 

MENU

リンク集

Copyright (C) 一日一笑〜笑う門に福来り〜 All Rights Reserved.