笑い測定機

笑いは健康に良いといわれていますが、その笑いについて科学的に研究なさっている方が いらっしゃいます。
関西大学教授の木村洋二さん。
専門は社会学で、人間にとって笑いはどのように影響するかと いうことを追及されているそうです。

木村教授が、笑いを量であらわす「笑い測定機」というものを開発したそうです。 「笑い測定機」なんて、なんだかドラえもんの世界のような気もしますが、 科学的に笑いの量を測定する機械を作ろうとするところが、何とも言えず、 面白いですね。

「笑い測定機」とは、顔の表情筋などの筋肉が動く時に発生する微弱な信号をセンサーでとらえるというものだそうです。
笑いの度合いを判定して、笑いの度合は「アッハ」という単位で表わされています。 大人の大爆笑は、1秒あたり5アッハ。この単位の名称もなんだか笑えます。 数年後には、歩数計みたいに「笑い測定機」を携帯するのが、当たり前になったりして。

「笑い」は、人間の生活、健康には、必須なものであるということは、医学的にも認められてますから、 なんか、最近笑っていないなぁ、疲れているかなぁ、と、感じてきたら、思いっきり楽しいことに没頭して、 自分の心を解放してあげましょう。
無心に思いっきり笑ったら、心がすっきりした、また明日からがんばろうって、 思えるんじゃないでしょうか。











▲ このページのトップへ

 

MENU

リンク集

Copyright (C) 笑いの効用 一日一笑健康生活 All Rights Reserved.